SUPの種類について- 形状・素材・材質別の違いやメリット・デメリット

SUP&Surfing
Sponsored Link

一口にSUPと言っても、その種類は様々です。
実際にSUPを始めたい!と思いボードを手に入れようとしても、どれから手に入れたらいいのか??と迷うことは多いかと思います。

そこで本記事では、SUPの種類について解説します。

Sponsored Link

SUPボードの種類(形状)

SUPボードは大きくわけると次のような種類にわけられます。

  • クルージング
  • レース
  • ウェーブ
  • フィッシング
  • ヨガ・フィットネス
  • オールラウンド

以下にそれぞれ詳しく解説します。

クルージング

主に止水で使用するクルージング用SUPボードですが、主流としては10フィートから12’6フィートの大きさになります。
特徴としては、ノーズが尖っているという点があげられます。
これは、推進方向からの水の抵抗を減らし、より速い速度を生むための設計とされています。

加えて、より安定してパドリングできるようボードの幅が他の種類より広く設計されているという点もあげられます。

レースタイプ

SUPの人気はウォータースポーツにおけるレース競技として確立してきた…という見方もあります。
将来的にサーフィンやカヌーといったオリンピック種目に選出される可能性も高いことから、今後ますますレースとしてのSUPの認知度も高まってくるかと思います。

レース用SUPボードの大きさは、主に12’6以下のクラスが国内では主流になっています。
特徴としては、他の種類のSUPボードに比べて幅がせまくシャープなアウトラインを持つという点です。
この設計によって、水面を切り分けて直進しやすくするというメリットが得られます。

また、回転性が低いことや、より高い浮力を得るため長く分厚いボードの形状になっているという点もあげられます。

こういったレースで勝つためにより速いスピードを得られる設計になっている反面、乗りこなすためにはある程度の慣れが必要になります。
さらに各メーカーやブランドはレース用のSUPボードには最先端の素材や技術、設計の上開発していることからも、高価なものがほとんどになります。

このような点から、本格的にレースへの出場を意識している中~上級者向きのボードとも言えます。

ウェーブ

主に波に乗るためのウェーブ用SUPボードは、コントロールしやすさも考え他の種類よりもサイズが比較的小さいものが多く、7フィート前後のボードも人気があります。
特徴としては、回転性を重視しより波に乗りやすくするため、ノーズが若干尖っている点、浮力が少ないタイプが多いという点があげられます。

また、フィンに関しても、“トライフィン”から“クワッドフィン”まで様々なラインナップがそろっていることも特徴といえます。

フィッシング

フィッシング用SUPボードは、安定して釣りを行えるようにボードの高い浮力と安定性が求められるボードになります。
その為、他のSUPボードよりもボディの幅が広い点、さらにはSUPボードのサイドにチューブが付属されているタイプが多い印象を受けます。

加えて、釣竿を固定しておくロッドホルダーの取り付けやクーラーボックス・タックルボックスを積んでおけるようなオプションがついている点も特徴としてあげられます。

ヨガ・フィットネスタイプ

SUPの上でヨガやフィットネスを行う“SUPヨガ”が、健康への意識が高い女性を中心に人気になってきています。
この人気からも、ヨガやフィットネスに特化したSUPボードも増えてきています。

ボードの上で動いたりポーズをとったりするため、ボードはフラットな形状で、バランスが取りやすく、安定した設計になっているのが特徴です。
その分、推進力という部分では他のボードに比べてやや劣るのでクルージングや波乗りといった他の使い方に汎用できにくいというデメリットもあります。

オールラウンドなモデル

SUPボードでも様々な使い方ができ、汎用性が高いタイプとしてはこのオールラウンドタイプがあげられます。
SUPを始めて、これから様々な遊び方、使い方をしていきたいという初心者はこのモデルから検討してみるのがおすすめです。

需要の高さから、非常にオールラウンドSUPボードのメーカやブランドも多く、他の特化したタイプよりも安価なボードも販売されているといます。

とにかく、広くいろいろなシーンで活用したいと思っている人や、遊ぶ場所や内容が具体的に決まっていない人は、オールラウンドタイプを選択するのがおすすめです。

SUPボードの種類(材質・素材)

SUPボードでもその材質や素材によって種類がわけられます。

  • インフレータブルボード
  • ハードボード

以下に詳しく解説します。

インフレータブルボード

SUPがレジャーとして人気が高まった要因として、このインフレータブルボードがあげられると思います。
折りたたむとバッグに入り小さくなることから、持ち運びも便利で保管スペースを取らない事もあり、始めるための敷居が低くなったとされています。

デメリットとしては、付属のポンプで空気を注入してボードの形状を形成するタイプのボードのため準備にやや手間がかかるということ。
しかしそのデメリットさえ克服してしまえば、ボード置き場に困ったり飛行機などでトリップに出かけるときに重宝するため非常に便利なボードといえます。

REDPADDLEなどの本格的なブランドから比較的安価なメーカーまで、SUPボードのラインナップとしては非常に多くそろっていることからも、初心者のみならず多くのSUPユーザーに親しまれているタイプといえます。

ハードボード

サーフボード同様、カーボン製や樹脂製、木製のタイプがあります。
特徴としては、剛性(硬さ)が高く水上で安定している点、、ボードへ力が伝わりやすい点などがあげられます。

ハードボードとインフレータブルどちらがよい?

SUPボードを選ぶとき、ハードタイプにすべきか、インフレータブルタイプにすべきかで迷うかと思います。
アドバイスとしてですが、

  • 本格的にSUPを追求したい:ハードタイプ
  • 趣味としてSUPを楽しみたい:インフレータブルタイプ

…といった基準も一つかと思います。

ただ、多くの場合、SUPを始めてみたい!趣味として楽しみたい…という方は迷わず汎用性の高いインフレータブルタイプをおすすめします。

まとめ

本記事では、SUPのボードの形状や素材の種類について解説しました。

SUPボードは…

  • 形状の種類としては、クルージング・レース・ウェーブ・フィッシング・ヨガ、フィットネス・オールラウンドタイプにわけられる
  • 素材、材質の種類としては、インフレータブル・ハードにわけられる
  • 初心者はインフレータブル、オールラウンドタイプがおすすめ

ちなみに僕は、初心者向けなWOWSEA SUP (インフレータブル)を使用していますYO!

タイトルとURLをコピーしました